コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X器官 エックスきかんX-organ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X器官
エックスきかん
X-organ

甲殻類の眼柄にある器官。複眼基部の近くに開口している感覚孔に連なる上皮性組織から成るものと,脳視葉の基部腹面にある神経鞘におおわれた,大型の神経分泌細胞から成るものと2種ある。後者からくる神経末端は,前者に解剖学的な関係があるという。サイナス腺とともに,脱皮抑制,卵巣発達抑制,脱皮促進などに関与している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

X器官【エックスきかん】

甲殻類の眼柄(がんへい)にみられる神経分泌細胞の集合。発見当初機能が不明であったためX器官と名づけられた。分泌細胞の軸索末端はサイナス腺に達し,ここからホルモンが分泌される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エックスきかん【X器官 X organ】

甲殻類の脳の前半部にみられる神経分泌細胞群の総称。ベロンチG.Bellonciによって1882年に存在が指摘され,機能が不明であることからX器官と名付けられた。種類によりその特徴に相違がある。エビ,カニのように眼柄をもっている種類では,眼柄内にのびている脳の一部にある。神経分泌細胞は,その位置,含まれる顆粒(かりゆう)の状態,色素による染色性の特徴などから数種類区別される。これらの細胞の軸索の末端はサイナス腺に達し,ここからホルモンが体液中に分泌される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

X器官
えっくすきかん

甲殻類(エビ、カニなど)の眼柄または頭部にある、神経分泌細胞を含んだ器官。2種のX器官があるが、あわせてハンストレム器官ともよばれる。これがイタリアの解剖学者ベロンチG. Bellonciによって発見された1882年当時は、機能が不明なのでX器官とよばれた。第一のX器官は終髄神経節にあり、上皮性の細胞、小血洞、第二のX器官からくる神経末端からなり、複眼基部近くの感覚孔に連絡している。第二のX器官は脳視葉の基部にあり、大形神経分泌細胞からなる。この軸索末端はサイナス腺(せん)と第一のX器官に終わる。神経分泌細胞の分泌するホルモンは、脱皮抑制、卵巣発達抑制、色素胞の色素粒の集中、水や電解質の代謝調節に関係している。[川島誠一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

X器官の関連キーワードゴナドトロピン内分泌腺Y器官甲殻類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android