コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ξ粒子 クサイりゅうしΞ-particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Ξ粒子
クサイりゅうし
Ξ-particle

素粒子で,ハイペロンの一種。質量は Ξ0が 1314.8MeV,Ξ-は 1320MeVで,電荷は 0と-e の 2種からなるアイソスピン 1/2のバリオンスピン 1/2,パリティ+,ストレンジネス-2。Ξ0は寿命 2.90×10-10秒で,Ξ-は寿命 1.63×10-10秒でΛ粒子π中間子に崩壊する。Ξ0は uss,Ξ-は dssのクォーク構造をもつ。1954年クライド・L.コーワンにより発見され,ストレンジネスをもつ素粒子の生成と崩壊に関する中野=西島=ゲル=マンの規則が生まれる契機となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

Ξ粒子【グザイりゅうし】

ハイペロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

Ξ粒子の関連キーワードブラッグ‐クレーマンの法則スモールデンスLDL超悪玉コレステロール小粒子高比重LDLホットパーティクルナノ粒子磁性体フェルミレベル磁性体ナノ粒子マジョラナ粒子スージー粒子反ミューオン粒子線癌治療ゲージボソン重粒子線治療フェルミオン荷電共役変換ミューオン反タウオン超対称粒子Jψ中間子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android