コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ξ粒子 クサイりゅうしΞ-particle

3件 の用語解説(Ξ粒子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Ξ粒子
クサイりゅうし
Ξ-particle

素粒子で,ハイペロンの一種。質量は Ξ0が 1314.8MeV,Ξ-は 1320MeVで,電荷は 0と-e の 2種からなるアイソスピン 1/2のバリオンスピン 1/2,パリティ+,ストレンジネス-2。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グザイ‐りゅうし〔‐リフシ〕【Ξ粒子/グザイ粒子】

素粒子の一。質量は陽子の約1.4倍、電荷は零または負、スピンは2分の1。ストレンジネスが-2のバリオンに属す。崩壊して弱い相互作用Λ粒子π中間子になる。状態が不安定で直ちに崩壊するため、カスケード粒子とも呼ばれる。記号Ξ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

Ξ粒子【グザイりゅうし】

ハイペロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone