Ω粒子(読み)オメガりゅうし(英語表記)Ω-particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Ω粒子
オメガりゅうし
Ω-particle

素粒子で,ハイペロンの一種。質量 1672.4MeV,電荷-1の粒子で,スピン 3/2,パリティ+,ストレンジネス-3,平均寿命 0.821×10-10秒でΞ粒子π中間子,またはΛ粒子と K-中間子に崩壊する。クォーク構造は sss。ハイペロンのなかでは最も遅く,1964年に泡箱写真のなかで発見されたが,それ以前から存在が理論的に予想されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android