コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《青草》 あおくさ

世界大百科事典内の《青草》の言及

【近松秋江】より

…1901年ころから《読売新聞》などに文芸批評を書き,《文壇無駄話》(1910)としてまとめるなど,まず評論家として認められたが,10年には《別れたる妻に送る手紙》を発表して,小説家としての地位をも築いた。そして,この続編である《執着》《疑惑》(ともに1913)などの作品を発表したのち,大阪や京都の遊女との愛欲生活を描いた《青草》(1914)や《黒髪》(1922)などの作品を発表して,情痴文学の極致を示したが,22年に猪瀬イチと結婚して子どもができると,愛欲生活から足を洗い,《子の愛の為に》(1924)などの作品を発表した。ほかに,《舞鶴心中》(1915)などの情話物や,《農村行》(1926)や《水野越前守》(1931)などの社会小説・歴史小説があるが,しかし,秋江文学の本領は,いうまでもなく,愛欲生活を描いた私(わたくし)小説にある。…

※「《青草》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《青草》の関連キーワード青春ロマンスシート 青草に坐すソクチョ(束草)市江原道(大韓民国)ホウ・シャオシェンホスゲンガス中毒ヤギ(哺乳綱)十一谷義三郎野村芳太郎白木・黒木料理茶屋伸び伸び思い募る生野鉱山近松秋江やつしアヒル立てる粗飼料ウサギ長塚節

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android