一路(読み)いちろ

精選版 日本国語大辞典「一路」の解説

いち‐ろ【一路】

[1] 〘名〙
① 一筋に続く道。一途(いっと)。ひとすじ。一条。仏教では涅槃(ねはん)に到達するはずの一つの道、成仏の直路をいう。
※正法眼蔵(1231‐53)行仏威儀「玄条に同条入せざる一路もあるべしといへども」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉七「向上の一路(イチロ)を示してゐる」 〔首楞厳経‐五〕
② 囲碁で、ある石の一つ隣。「一路石」
[2] 〘副〙 迷ったり寄り道などをしないで。ひたすら。まっすぐに。
天鵞絨(1908)〈石川啄木〉一一「秋の夜の暗を北に一路、刻一刻東京を遠ざかって行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一路」の解説

いち‐ろ【一路】

ひとすじに続く道。「真実一路
(副詞的に用いて)寄り道せずまっすぐに進むこと。ひたすら。「一路帰国の途につく」
囲碁で、ある石の一つ隣。「一路左」
[補説]書名別項。→一路
[類語]ひたすらいちずひたむき一筋ただただただ専一ひとえに一心一念一散一目散一直線一本槍一点張り一辺倒一意専心営営せっせ遮二無二無二無三がむしゃら一心不乱脇目も振らず直線的まっしぐら直情径行まっすぐ猪突猛進ストレートしゃかりきしゃにむに無心粉骨砕身無我夢中熱中夢中専心専念没入没頭没我傾注傾倒我を忘れるこんを詰める身を入れる身を砕く心血を注ぐ

いちろ【一路】[書名]

木下利玄歌集。大正13年(1924)刊。佐佐木信綱序文を寄せている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「一路」の解説

【一路】いちろ

ひとすじの路。李華春行、寄興〕 樹人無く、自らつ 春山一路、鳥しくく。

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android