一路(読み)イチロ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ろ【一路】

ひとすじに続く道。「真実一路
(副詞的に用いて)寄り道せずまっすぐに進むこと。ひたすら。「一路帰国の途につく」
囲碁で、ある石の一つ隣。「一路左」
[補説]書名別項。→一路

いちろ【一路】[書名]

木下利玄歌集。大正13年(1924)刊。佐佐木信綱序文を寄せている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちろ【一路】

一筋の道。 「真実-」
(副詞的に用いる)寄り道せずにまっすぐに。ひたすら。 「 -東京へ急ぐ」 「優勝めざして-邁進まいしんする」
囲碁で、ある石の一つ隣。 「 -右に打つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ろ【一路】

[1] 〘名〙
① 一筋に続く道。一途(いっと)。ひとすじ。一条。仏教では涅槃(ねはん)に到達するはずの一つの道、成仏の直路をいう。
※正法眼蔵(1231‐53)行仏威儀「玄条に同条入せざる一路もあるべしといへども」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉七「向上の一路(イチロ)を示してゐる」 〔首楞厳経‐五〕
囲碁で、ある石の一つ隣。「一路石」
[2] 〘副〙 迷ったり寄り道などをしないで。ひたすら。まっすぐに。
天鵞絨(1908)〈石川啄木〉一一「秋の夜の暗を北に一路、刻一刻東京を遠ざかって行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一路の関連情報