コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一路 イチロ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ろ【一路】

ひとすじに続く道。「真実一路
(副詞的に用いて)寄り道せずまっすぐに進むこと。ひたすら。「一路帰国の途につく」
囲碁で、ある石の一つ隣。「一路左」
[補説]書名別項。→一路

いちろ【一路】[書名]

木下利玄歌集。大正13年(1924)刊。佐佐木信綱序文を寄せている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちろ【一路】

一筋の道。 「真実-」
(副詞的に用いる)寄り道せずにまっすぐに。ひたすら。 「 -東京へ急ぐ」 「優勝めざして-邁進まいしんする」
囲碁で、ある石の一つ隣。 「 -右に打つ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一路の関連キーワード掛け接ぎ・掛け継ぎ・掛接ぎ・掛継ぎがんばっていきまっしょいシルクロード経済帯西の魔女が死んだ真実一路 母の巻真実一路 父の巻人間交差点 不良下駄を履かせる人間交差点 道人間交差点 雨目指す・目差す池田 純義覗き・覘き木内キヤウ番茶も出花決め付ける相沢 一好禅海(2)山下 陸奥出ず入らず

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一路の関連情報