コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『舞踏会』 ブトウカイ

とっさの日本語便利帳の解説

『舞踏会』

芥川龍之介
明治十九年十一月三日の夜であった。当時十七歳だった――家の令嬢明子は、頭の禿げた父親と一しょに、今夜の舞踏会が催さるべき鹿鳴館の階段を上って行った。明い瓦斯の光に照らされた、幅の広い階段の両側には、殆人工に近い大輪の菊の花が、三重の籬を造っていた。\(一九二〇)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『舞踏会』の関連キーワードオーパンバル〈オペラ座舞踏会〉会議は踊る、されど進まずウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会シャンパン・ポルカファンシードレスダンスパーティーバラティンスキーチャールダーシュイブニングドレスファンシーボールヨハン ボータフェルナンデルカイザーバル芸術家の生活マスカラードオーパンバルマスカレード会議は踊る吉村公三郎