コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あだて アダテ

デジタル大辞泉の解説

あだて

目当て。当て。また、方法・手段。
「牢(らう)を出しは出したれ共何を―に何とせう」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あだて

江戸時代、九州地方の海運で使われた百石積みから七百石積みの廻船。船首を箱型にした点が特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あだての関連キーワード江戸時代九州地方目当て和船海運廻船船首

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android