あらら(読み)アララ

デジタル大辞泉の解説

あら‐ら[感]

[感]驚いたときなどに発する

あらら[接頭]

[接頭]《「あらあら(粗粗)」の音変化》名詞に付いて、まばらなさまを表す。「あらら松」
「彼方(おちかた)の―松原松原に渡り行きて」〈神功紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あら‐ら

動〙 驚いた時などに発することば。主として女性が用いる。
※少年行(1907)〈中村星湖〉五「本を伏せて、ふと壁に向ふと、あらら、煤けた土壁が、たとへば春の空のやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あららの関連情報