コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらら アララ

デジタル大辞泉の解説

あら‐ら[感]

[感]驚いたときなどに発する

あらら[接頭]

[接頭]《「あらあら(粗粗)」の音変化》名詞に付いて、まばらなさまを表す。「あらら松」
「彼方(おちかた)の―松原松原に渡り行きて」〈神功紀・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらら

( 感 )
意外な事態に直面した時などに発する語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あららの関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)国語に関する世論調査広川 太一郎北村 謙次郎南木曾[町]ありゃありゃ南木曽(町)阿智(村)水野 葉舟阿羅邏仙人押し転かす安良礼松原五ヶ瀬川水野葉舟投げ出づ南木曽町荒らげる荒げる霰松原荒らぐ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あららの関連情報