粗粗(読み)あらあら

精選版 日本国語大辞典「粗粗」の解説

あら‐あら【粗粗】

〘副〙
① 詳細、丁寧にではなく物事を行なうさまを表わす語。おおよそ。ざっと概略
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)一「少水を将て器に置きて、略(アラアラ)右の手を浄む」
※太平記(14C後)一七「あらあら云て聞かせんとて」
② (多く「と」を伴って) 大まかなさま、きめがあらいさまを表わす語。
※名語記(1275)九「あらあら、如何。也。をろをろといへるも同詞歟」
※浮世草子・好色一代女(1686)一「口ちいさく歯並あらあらとして白く」

あらあら‐し【粗粗】

〘形シク〙 (「あらあらし(荒荒)」と同語源) 作りかたなどが粗雑である。そまつである。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「はかなく作りたる家なりけり。まだいとあらあらしきに、網代屏風など御覧じも知らぬしつらひにて」
※歌舞伎・鳴神(1742か)「あらあらしきこの薄衣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「粗粗」の解説

あら‐あら【粗粗】

[副]《形容詞「あら(粗)し」の語幹を重ねた形》詳細、またていねいではなく、大ざっぱに行うさま。だいたい。ざっと。「事情は粗粗申し述べた通りです」
[類語]ざっとおよそおおよそおおむねあらかたあらまし大ざっぱおおまか粗らか粗い粗っぽい粗削り粗放粗略粗雑粗笨そほん雑駁ざっぱく大つかみ丼勘定ラフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android