コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いちご煮 いちごに

2件 の用語解説(いちご煮の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いちごに【いちご煮】


青森、岩手の郷土料理で汁物の一種。うにとあわびの薄切りを湯あるいはだし汁で煮、塩と少量のしょうゆで調味し吸い物に仕上げたもの。三陸海岸の漁師がとりたてのうにとあわびを貝殻に詰めて焚火で焼いたのがはじまりとされる。◇煮えたうにのオレンジ色野いちごを思わせることから。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

いちご煮【いちごに】

青森県の三八上北(さんぱちかみきた)地方に伝わる,郷土色あふれる潮汁(うしおじる)。漁師食由来の海の幸で,白く濁った汁に丸まったウニが入るさまを霧中の野イチゴに見立て,その名がついたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

いちご煮の関連キーワード釘煮豚骨らふてえ芋串じぶ煮笋羹コックオバンひっつみの日羊肉の日貝焼き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いちご煮の関連情報