コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いちご煮 いちごに

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いちごに【いちご煮】


青森、岩手の郷土料理で汁物の一種。うにあわび薄切りを湯あるいはだし汁で煮、塩と少量のしょうゆで調味し吸い物に仕上げたもの。三陸海岸の漁師がとりたてのうにとあわびを貝殻に詰めて焚火で焼いたのがはじまりとされる。◇煮えたうにのオレンジ色が野いちごを思わせることから。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

いちご煮【いちごに】

青森県の三八上北(さんぱちかみきた)地方に伝わる,郷土色あふれる潮汁(うしおじる)。漁師食由来の海の幸で,白く濁った汁に丸まったウニが入るさまを霧中の野イチゴに見立て,その名がついたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

いちご煮の関連キーワード青森県三戸郡階上町青森[県]青森県

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いちご煮の関連情報