コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野いちご のいちごSmultronstället

4件 の用語解説(野いちごの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野いちご
のいちご
Smultronstället

スウェーデン映画。スベンスク・フィルム 1957年作品。監督,脚本イングマル・ベルイマン。死期が近づいた大学教授 (V.シェーストレム) の意識の流れを,夢と現実,過去と現在の交錯のなかに描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

野いちご

1957年製作のスウェーデン映画。原題《Smultronstället》。監督:イングマール・ベルイマン、出演:ビクトル・シェストレム、イングリッド・チューリン、マックス・フォン・シドーほか。第8回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

野いちご

スターツ出版株式会社が運営するケータイ小説投稿サイト。2007年5月オープン。掲載作品の一部は、同社から書籍化される。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野いちご
のいちご
Smultronstllet

イングマール・ベルイマン監督による1957年のスウェーデン映画。南スウェーデンの大学町ルンドで名誉博士号を受賞することになった老医師イサク・ボルイが、長男の嫁の運転する自動車に乗って、ストックホルムからルンドまでの長旅をする間、夢のなかで自分の過去を追体験し、また旅の途中、母の住む実家への訪問や、ヒッチハイクをする若者たちとの遭遇などを通して、人生の最後に至った自分の時間をしみじみと感じ取ってゆく。ベルイマンは残酷なまでに、外面的には立派な学者として評価されている老人の内面を暴きながら、単に失望と悲しみに満ちた一人の人間の人生をみせるだけではなく、人生の時間の美しさや優しさをも見事にとらえている。過去の場面において、主人公の医師は、自分だけが現在の年老いた姿で登場する。通常の映画の過去の場面とは異なり、ここでみられるフラッシュバックは、主人公の内面にのみ存在する過去の風景だからである。主人公の老医師を演じたのは、スウェーデン映画史上の重要な映画監督ビクトル・シェーストレームで、実際に死を目前としたこの映画監督の俳優としての最後の名演技である。[小松 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野いちごの関連情報