コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどんこ病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

うどんこ病(アカクローバ)

特にアカクローバで発生が多い糸状菌病。1975年に北海道で初めて発生が報告されて以来急速に全国に広がった。春先から葉の表面に初めはあまり目立たな い、白い粉を撒いたような薄い菌叢を形成するが、菌叢は徐々に厚くなり、葉全体が覆われ枯死する。冷涼乾燥条件で多発し、曇天が続くなど日照が足りないと 被害が大きくなる。病原菌はアルサイククローバ、シロクローバ、ベッチなど広い範囲のマメ科牧草に寄生する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

うどんこ病(アカクローバ)の関連キーワードうどんこ病(ブルーグラス)石灰硫黄合剤バラ(薔薇)うどんこ病シネラリア殺ダニ剤ベゴニアキュウリオオムギ観葉植物ブドウスグリ白渋病寄生菌リンゴ農薬樹病ナシ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android