コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うどんこ病(オーチャードグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

うどんこ病(オーチャードグラス)

関東以北で発生の多い重要病害。梅雨入り前から葉に白色〜灰色の綿毛状のかびが生えたような小さな病斑が現れる。病勢が進むと、植物体全体に白い粉をまいたような外観になる。この白い粉は分生子で、風雨で飛散してまん延する。雨が降ると白い粉が落ち、下から黄褐色不定形の病斑が現れる。冷涼条件で発生し、特に曇天が続くなど日照が足りないときに多発する。病原菌のオーチャードグラスに対する分化型は日本で初めて発見された。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

うどんこ病(オーチャードグラス)の関連キーワードうどんこ病(ブルーグラス)石灰硫黄合剤バラ(薔薇)シネラリアうどんこ病ベゴニア殺ダニ剤観葉植物キュウリオオムギ寄生菌リンゴブドウスグリ白渋病農薬ナシ樹病

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android