コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お半・長右衛門 おはん・ちょうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お半・長右衛門 おはん・ちょうえもん

歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)の登場人物。
14歳の信濃屋の娘お半と,38歳の帯屋長右衛門はふとしたことから関係をもち,ついには心中する。宝暦11年(1761)ふたりが大坂にむかう途中桂川で殺された事件をもとにしている。安永5年(1776)には菅(すが)専助作の浄瑠璃「桂川連理柵(れんりのしがらみ)」が上演された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お半・長右衛門の関連キーワードのぞきからくり心中物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android