初老(読み)しょろう

精選版 日本国語大辞典「初老」の解説

しょ‐ろう ‥ラウ【初老】

〘名〙 四〇歳の異称。また、老人の域にはいりかけた年頃。寿命がのびた現在では、五〇歳から六〇歳前後をさすことが多い。女性では月経閉止期、男性では作業能力が衰えはじめたときから老化現象が顕著になるまでの期間。
※菅家文草(900頃)二・題白菊花「霜鬚秋暮驚初老、星点暁風早衙
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉三〇「年既に初老(ショラウ)を過ぎ、前頭禿(とく)にして眼鏡を用ひ、腰少しく屈すと雖も、長け尚ほ高し」

はつ‐おい【初老】

〘名〙 四〇歳の異称。しょろう。
※浮世草子・浮世栄花一代男(1693)一「身の程もはや初老(ハツオヒ)の浪たつ春をかさねし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android