コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お弾き おはじき

百科事典マイペディアの解説

お弾き【おはじき】

遊戯の一つ。貝殻,小石,ガラス玉などを指先ではじき当てて自分のものとし,その数を競う。使われる遊具は時代とともに変化,古くは石はじき遊びといわれていたように,文字どおり小石であった。
→関連項目蔵鉤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おはじき【お弾き】

現在は〈おはじき〉の名称が一般的であるが,時代,地方により別称がきわめて多い遊びである。全国各地から収集された別称は250余に及ぶが,これは遊具である〈はじき〉そのものの変化と,それにともなって遊び方が多様化されたことによる。《倭名類聚抄》に〈弾碁〉,《箋注倭名類聚抄》に〈弾棊……以之波自岐蓋是〉とあり,遊び方としては,《宇津保物語》に〈石はじきシ給フ〉,《徒然草》に〈石をたててはじくに〉とあるように,平安・鎌倉期には〈石はじき〉と呼んでいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

お弾きの関連キーワードムクロジキサゴ青猫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お弾きの関連情報