かしく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

かしく

?-1749 江戸時代中期の遊女。
大坂北新地で美貌でならし,武士身請けされた。日ごろから大酒をのみ,寛延2年兄の吉兵衛を酒乱のはて殺害。同年3月18日市中引き回しのうえ千日寺で獄門にかけられた。この事件は1週間後に,浅田一鳥らによって浄瑠璃(じょうるり)「八重霞浪花浜荻」に脚色されて豊竹座で興行され,評判となった。身請け後の名は八重。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かしくの関連情報