コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かしく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

かしく

?-1749 江戸時代中期の遊女。
大坂北新地で美貌でならし,武士身請けされた。日ごろから大酒をのみ,寛延2年兄の吉兵衛を酒乱のはて殺害。同年3月18日市中引き回しのうえ千日寺で獄門にかけられた。この事件は1週間後に,浅田一鳥らによって浄瑠璃(じょうるり)「八重霞浪花浜荻」に脚色されて豊竹座で興行され,評判となった。身請け後の名は八重。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

かしくの関連キーワード笑福亭 福松(3代目)桂 文之助(2代目)悴ける・忰けるめでたくかしこお園・六三郎吹き出だす玩味・翫味吹き澄ます悴む・忰むすくすくし炊ぐ・爨ぐ言ひ叶ふ見え苦し持て行く成り返るお園六三事無しび人馴れるなよびか痛ましい

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かしくの関連情報