コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かじき座 かじきざDorado

翻訳|Dorado

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かじき座
かじきざ
Dorado

旗魚座。1月末から2月初めの宵に南中する南天の星座。 1603年に J.バイエルにより新設された星座の一つ。おおよその位置は赤経5時,赤緯-60°で天の南極近くまで続いているが日本からは一部しか見えない。3等星以下の星ばかりであるが,有名な大マゼラン雲はこの星座にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かじき座
かじきざ / 旗魚座

エリダヌス座のはるか南にある小星座。日本からは沖縄方面で冬の宵の地平線近くにかろうじて見える。ドイツのバイヤーJohann Bayer(1572―1625)が1603年に刊行した全天星図『ウラノメトリア』に初登場する新設星座であるが、実際にはそれより1世紀ほど前から知られていたとされる。英語、中国語、ドイツ語訳などでは「金魚」にあたる名が与えられている。星座の南に大マゼラン星雲(大マゼラン銀河)がかかっていることでも知られる。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

かじき座の関連キーワードレチクル座マゼラン雲旗魚座カジキ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android