コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かに星雲(蟹星雲) かにせいうんCrab Nebula

翻訳|Crab Nebula

世界大百科事典 第2版の解説

かにせいうん【かに星雲(蟹星雲) Crab Nebula】

おうし座の牡牛の角の先にある星雲で,超新星残骸である。1764年にメシエが作った拡散状天体のカタログで1番(M1)の番号が与えられ,NGCでは1952。1054年に金星より明るく輝いたことが,中国や日本の記録に見られる。7000光年のかなたにあって,毎秒1000km以上の高速でガスが四方八方に飛び散っている。そのため,1921年にウィルソン山の1.5m望遠鏡を使って撮った写真と12年前のものとを比べると,角度の1秒あまり膨張しているのが発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のかに星雲(蟹星雲)の言及

【星雲】より

…銀河系内に1000個余りが知られていて,いて座の銀河中心方向に数多く密集している。
[超新星の残骸]
 おうし座のかに星雲,はくちょう座の網状星雲などの星雲は超新星の残骸である。水素,ヘリウム,窒素,酸素,ネオン,硫黄などの強い輝線がある。…

【中国天文学】より

…また新星は〈客星〉と呼ばれたが,《宋史》天文志に北宋の1054年(至和1)5月に天関星(おうし座Ss星)の近くに〈客星〉が現れたという記事があるが,これは当時出現した超新星である。しかも近年発見された電波星として有名な〈かに星雲〉はこの超新星の900余年後の姿であることが確かめられた。また長年にわたって残された太陽黒点の記録は,炭素14を用いる考古学的遺物の年代決定法の改訂に役立っている。…

※「かに星雲(蟹星雲)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

かに星雲(蟹星雲)の関連キーワードおうし座

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android