コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かまいたち

3件 の用語解説(かまいたちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

かまいたち

宮部みゆきの時代小説短編集。1992年刊行。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

かまいたち


グループ
かまいたち

グループメンバー
山内 健司/濱家 隆一

職種
お笑い

プロフィール
山内健司濱家隆一により、2004年に結成されたお笑いコンビ。『第42回NHK上方漫才コンテスト』優勝。主な出演作は、読売テレビ『もうちょい!かま天マーケット』、朝日放送やまとナゼ?しこ』、毎日放送『せやねん!』、関西テレビ『NMBとまなぶくん』、舞台『なんばグランド花月』『よしもと祇園花月』など多数。

代表作品
バラエティー『もうチョイ!かま天マーケット』 / 情報番組『せやねん!』 / 朝日放送『俺達かまいたち』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かまいたち
かまいたち / 鎌鼬

突然、皮膚が裂けて鋭利な鎌で切ったような切り傷ができる現象。昔は目に見えないイタチのしわざと考えられていたところから、このようにいわれたというが、他方、風神が太刀(たち)を構える「構太刀」から由来したという説もある。この発生は地域性があるらしく、越後(えちご)(新潟県)では七不思議の一つに数えられている。
 語源はともかくとして、現在もこのような損傷を受ける人がいるので、この現象は否定できないが、この詳細な性質をまとめたのは三好想山(みよししょうざん)である。彼の著書『想山著聞奇集』全5巻(1850)によると次のとおりである。
(1)知らないうちに大きな疵(きず)ができる。初め血が出ず痛みもないが、あとからおびただしく出血し、痛みもひどい。
(2)最初疵口は白いが、のち黄色ににじんでくる。
(3)疵の長さは2、3寸より5、6寸、深さは5、6分より1、2寸。
(4)人の股(また)、膝(ひざ)、臑(すね)にできる。この現象は地を離れること1尺(約30センチメートル)と推定される。
(5)風に当たって切れるという説があるが、風がまったくなくても切れることがある。
(6)地域性がある。東海道では箱根の山路、天竜川、富士川、大井川、金谷(かなや)、小夜ノ中山(さよのなかやま)などが多い。
(7)袴(はかま)などの着衣によって「かまいたち」はいくぶん防がれている。
(8)水中でも「かまいたち」にかけられた例がある。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かまいたちの関連キーワードあやし/怪あんじゅう/三島屋変調百物語事続おそろし/三島屋変調百物語事始堪忍箱幻色江戸ごよみチヨ子初ものがたりばんば憑き日暮らし雪明かり

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かまいたちの関連情報