コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小夜の中山/佐夜の中山 サヤノナカヤマ

デジタル大辞泉の解説

さや‐の‐なかやま【小夜の中山/佐夜の中山】

さよのなかやま

さよ‐の‐なかやま【小夜の中山/佐夜の中山】

静岡県掛川市の日坂(にっさか)から島田市菊川までの坂道。旧東海道の難所。夜泣き石伝説で知られる。さやのなかやま。[歌枕]
「岩がねのとこに嵐をかたしきてひとりや寝なむ―」〈新古今羇旅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さよのなかやま【小夜の中山】

佐夜さやの中山なかやま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小夜の中山/佐夜の中山の言及

【小夜ノ中山】より

…歌枕。静岡県掛川市日坂(につさか)と榛原(はいばら)郡金谷町の間にあり,東海道の難所として知られた。古くは〈さやの中山〉とよばれ,《古今和歌集》巻二に載る紀友則の歌〈あづまぢのさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ〉が初出。西行の〈年たけて又こゆべしと思ひきや命なりけりさ夜(よ)の中山〉(《新古今和歌集》巻十)は名歌として,後世,ここを通った文人らの紀行にはしばしば引用された。〈さや〉を〈さよ〉と呼ぶことはこのころから始まる。…

※「小夜の中山/佐夜の中山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小夜の中山/佐夜の中山の関連キーワード常磐津文字太夫(初代)静岡県掛川市佐夜鹿谷島主水何しかさよ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android