コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かりもり

デジタル大辞泉プラスの解説

かりもり

愛知県で生産されるウリ。果皮は緑で、果肉は白い。歯ごたえがよく「堅瓜(かたうり)」とも呼ばれる。煮物漬物などに用いる。明治期から栽培されており、「あいちの伝統野菜」に選定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

かりもり[果菜類]

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に清須市・丹羽郡大口町で生産されている。明治時代から尾張地方を中心に栽培が始まった。かたうり(堅瓜)とも呼ばれる。シャリシャリとした歯応えがある。かたい肉質のため長期間漬込んでも身が崩れず、すべて浅漬けや粕漬けなどの漬物に利用される。収穫は7月から8月。あいちの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

かりもりの関連キーワード東海地方

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android