がらがら蛇(読み)ガラガラヘビ

大辞林 第三版の解説

がらがらへび【がらがら蛇】

有鱗目クサリヘビ科マムシ亜科に属する毒蛇の一群。約60種が知られる。体長50~240センチメートル。頭部は三角形で管状の牙をもつ。毒性が強い。尾端に数個の角質の中空の輪があり、振るとガラガラまたはシューシューという音を立てる。南北アメリカの草原・砂地にすみ、ウサギ・ネズミなど小獣を捕食する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android