コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦蛇 ニシキヘビ

デジタル大辞泉の解説

にしき‐へび【錦蛇】

ボア科ニシキヘビ亜科のヘビの総称。最大で全長10メートル近くになるが、小形種もある。体は黄褐色赤褐色または黒褐色斑紋をもち、総排出腔の近くに後肢痕跡(こんせき)がある。無毒。東南アジアからアフリカにかけて分布し、大形の動物を襲う。アミメニシキヘビ・インドニシキヘビなど。パイソン王蛇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきへび【錦蛇】

オオヘビ科ニシキヘビ亜科に属するヘビの総称。体は太くて長く、全長2~10メートル。一般に色彩が派手で、黄褐色の地に赤褐色または黒褐色の斑紋をもつ種が多い。肛門の左右に後肢の痕跡がある。アミメニシキヘビ・ボールパイソン・アフリカニシキヘビなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

錦蛇 (ニシキヘビ)

動物。ボア科ニシキヘビ亜科のヘビの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

錦蛇の関連キーワードスジオヘビ肛門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android