コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波布/浪布 ナミヌノ

デジタル大辞泉の解説

なみ‐ぬの【波布/浪布】

歌舞伎大道具の一。波の絵を描いた地がすりで、舞台や花道に敷いて海・川などの水面を表す。

はぶ【波布/飯倩】

クサリヘビ科の毒蛇。毒性が激しく量も多い。全長1.2~2.3メートル。頭部は大きく三角形をし、淡灰褐色で黒褐色の斑紋がある。夜間や雨天に行動しネズミ・鳥などを捕食するが、人畜の被害も多い。奄美沖縄諸島に分布し、近縁種にヒメハブや八重山諸島サキシマハブ吐噶喇(とから)列島のトカラハブなどがある。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

波布 (ハブ)

学名:Trimeresurus flavoviridis
動物。クサリヘビ科の毒ヘビ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

波布/浪布の関連キーワード兵庫県丹波市青垣町西芦田丹波(市)丹波布兵庫県波布茶丹波市センナ佐治青垣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android