盲蛇(読み)メクラヘビ

大辞林 第三版の解説

めくらへび【盲蛇】

有鱗目メクラヘビ科の爬虫類の総称。亜熱帯・熱帯に広く分布。
の一種。全長約16センチメートル。体はミミズのような形で鱗うろこにおおわれ、褐色ないし黒褐色。目は退化して非常に小さい。枯れ草の下や地中にすみ、昆虫の幼虫などを食べる。鹿児島以南の暖地に分布。ミミズヘビ。
「盲蛇へびに怖じず」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

盲蛇 (メクラヘビ)

動物。メクラヘビ科に属するヘビの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら‐へび【盲蛇】

〘名〙
① メクラヘビ科の最も原始的なヘビ。また、特にブラーミニメクラヘビをいう。体長約一八センチメートル。頭と胴の区別はほとんどなく、一見ミミズ状。体は小さな円鱗でおおわれ、目はきわめて小さく、うろこの下に埋もれる。体色は暗褐色で赤紫色の光沢を帯びる。口は小さく、毒もない。地中に穴を掘ってすみ、シロアリやミミズを捕食。熱帯地方に広く分布し、日本では奄美大島・沖縄に生息する。
② (「めくら(盲)蛇におじず」の略から) 物のおそろしさを知らないで、むてっぽうなことをする人をたとえていった。
※雑俳・軽口頓作(1709)「つけてをく・こしをれ花にめくら蛇」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報