コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海蛇 ウミヘビ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐へび【海蛇】

有鱗(ゆうりん)目コブラ科の爬虫(はちゅう)類のうち、海にすむヘビの総称。すべて有毒。全長1~2メートル。尾は左右に扁平。卵胎性のものが多く、エラブウミヘビなど少数が卵生南西諸島から熱帯の海に多い。
ウナギ目ウミヘビ科海水魚総称。体はウナギ形で細長く、尾びれが退化し、うろこがない。南日本の近海にモンガラドオシ・ダイナンウミヘビなど約20種がいる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみへび【海蛇】

有鱗目コブラ科のウミヘビ亜科とエラブウミヘビ亜科の海生のヘビの総称。体は細長く、全長1.2メートルに達する。頭は比較的小さく、尾は左右に扁平でオール状。ほとんどが有毒。魚を主食とする。インド洋・太平洋の暖海域に分布。
ウナギ目ウミヘビ科の海魚の総称。全長1.5メートルに達するものもある。体は著しく細長く、尾びれがない。体色は黄褐色や暗褐色で、斑紋も種により異なる。モンガラドオシ・ゴイシウミヘビなど日本近海に約20種がいる。食用にはならない。大部分は本州中部以南の沿岸に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海蛇 (ウミヘビ)

動物。ウミヘビ科の魚類の総称

海蛇 (ウミヘビ)

動物。コブラ科の海に生息するヘビの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海蛇の関連キーワードキャロリン・ジェーン チェリイラオコーン(ギリシア神話)みずへび座(水蛇座)グレートアトラクターうみへび(海蛇)座リュウグウノツカイエラブウミヘビ亜科ちりこ星・張宿ハッブルフローみずへび座老水夫の歌うみへび座老水夫行インド洋六分儀座永良部鰻ポンプ座黄褐色暗褐色ヒドラ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海蛇の関連情報