がんの遺伝子診断(読み)がんのいでんししんだん

家庭医学館の解説

がんのいでんししんだん【がんの遺伝子診断】

 がんの発生は、細胞の中にあるがん遺伝子やがん抑制遺伝子、その他のがん関連遺伝子の異常や欠損(けっそん)によって始まることがわかっています。
 このようながん発生に関係する遺伝子(DNA)を、血液、喀痰(かくたん)、尿、便などの中の細胞から抽出(ちゅうしゅつ)、検査してがん診断に役立てる方法を遺伝子診断といい、つぎのような方法があります。
遺伝性のがんを早期に見つけて、将来発症する可能性を探ります。DNAの一部が欠損しているためにポリープのできやすい家族性大腸ポリポーシス症などの診断が、現在は出生前でも可能で、受精卵(じゅせいらん)の段階で判定できるものもあります。
②がんがからだのどこにできているかを調べます。術後の微小な残存がんや再発がんも確認できます。実際例では、白血病(はっけつびょう)の発症に関係する異常遺伝子の存在がわかっており、この遺伝子を突き止めて早めに診断し、治療することが行なわれています。
③がんの広がりや転移(てんい)のしやすさなど、悪性度を調べたり、放射線や抗がん剤に対する感受性を調べて、がんの性質を判定します。これによって、むだのない的確な治療法が選択できます。
④検出のむずかしいがんを、症状の出る前に見つけます。
 症状が出てからでは根治手術がほとんど不可能な膵(すい)がんと胆管(たんかん)がんを、血液中に含まれる腫瘍(しゅよう)DNA(遺伝子本体)から診断する方法が、1998年に初めて発表されました。まだ研究中ですが関心は高く、期待される診断法です。
 なお、とくに①の遺伝性のがんの診断については、判定される子どもや家族の精神的な負担、プライバシー、生命保険や就職、結婚で不利を招かないか、などの問題点が指摘されており、今後、論議を尽くした指針づくりが望まれます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android