コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツワ

デジタル大辞泉の解説

うつわ〔うつは〕【器】

物を入れるもの。入れ物。容器。「に盛る」
人物や能力などの大きさ。器量。「人の上に立つではない」
道具。器械。〈和英語林集成

き【器】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]うつわ
学習漢字]4年
入れ物。また、一定の形に作られた道具。「楽器機器凶器銀器磁器漆器什器(じゅうき)食器土器陶器鈍器武器名器容器利器
生物体で、特定の働きと形を持つもの。「器官性器臓器
人間の働きや才能。「器用器量才器大器凡器
[名のり]かた
[難読]土器(かわらけ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつわ【器】

物を入れる器具。入れ物。容器。 「 -に盛る」
(ある仕事・地位にふさわしい)才能と人格。器量。人物の大きさ。 「人の長となる-」
器具。道具。 「もろもろの調楽の-をぞ執る/邪宗門 白秋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【機械】より


[概念]
 〈きかい〉という言葉は古くからあったが,〈機械〉の文字が用いられるようになったのは1874年以後である。それ以前は〈器械〉と書くのが普通であった。この語は古くは《周礼》に出てきて,〈器〉は楽器,〈械〉は武器を意味していた。…

※「器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

器の関連キーワードエッグセパレータービルバンプール遺跡ゲルマニウム整流器ホームヘルス機器エッグスライサートランスミッターインジェクター連結器(鉄道)パーコレーターアッテネーターレギュレーターダイアライザー衛生設備工事ラジエーター遠心式分級器サイレンサー外受容性反射レオスタット計器用変成器半導体整流器

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器の関連情報