コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きりん座 きりんざ Camelopardalis

2件 の用語解説(きりん座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きりん座
きりんざ
Camelopardalis

麒麟座。概略位置は赤経 5時40分,赤緯 70°。周極(天の北極付近)の星座。2月中旬に南中する。輝星に乏しく星座の形は不明瞭散開星団 NGC1502,渦状銀河 NGC2403を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

きりん座
きりんざ / 麒麟座

北極星とぎょしゃ座の中間にある星座で、一年中見ることができるが、宵の見ごろは秋から冬にかけてとなる。17世紀のドイツ天文学者ヘベリウスの星図に登場する新設星座だが、実際にはヤコブス・バルチウスJacobus Bartschius(1600?―33)が発表したのが最初とされている。ただし、バルチウスが考えたのはラクダキリンではなかったという。しかし、バルチウスの星図にはアフリカの草原にすむ頸(くび)の長いキリンの姿が描かれているので、最初からキリンの姿をイメージしてつくられたというのが本当のところらしい。面積の大きいわりに、明るい星のない、みつけにくい星座である。[藤井 旭]
『藤井旭著『冬の星座』(1988・金の星社) ▽藤井旭著『星座大全――冬の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きりん座の関連キーワードコップ座コンパス座がか座(画架座)きりん座(麒麟座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)はい座(蠅座)や座(矢座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

きりん座の関連情報