きんきらきん(読み)キンキラキン

デジタル大辞泉の解説

きんきら‐きん

[形動]きらきらと派手に輝くさま。きらびやかに飾りたてるさま。「きんきらきん衣装

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんきらきん

( 形動 )
「きんきら」を強めた語。 「 -に飾り立てる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんきら‐きん

〘名〙 (形動) 装飾がきらびやかで派手なさま。また、そのような装飾。
※小唄・丸の頭(明治‐大正か)「丸の頭に丸の頭に、八の字ョかいて、丸八ャ銀座のきんきんきらきんの、生薬(きぐすり)やにあると、なッとなッと」
※男の遠吠え(1974‐75)〈藤本義一〉女と料理「キンキラキンの厚化粧となってしまうのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android