コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こだる こだる

大辞林 第三版の解説

こだる

( 動下二 )
しなだれる。傾く。 「蓮華の花よさいて-・れ撓たわうた/田植草紙」 → えみこだる
勢いがゆるむ。弱る。 「何とて子供が軍は-・れて今までおそいぞと/幸若・信太」
操り浄瑠璃で、「泣きくずれる」の隠語。 「抱き付き-・れる/歌舞伎・韓人漢文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こだるの関連キーワード田植草紙幸若

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android