さんざめく

大辞林 第三版の解説

さんざめく

( 動五[四] )
〔「さざめく」の転。「ざんざめく」とも〕
大ぜいでにぎやかに騒ぐ。 「弦歌-・く」 「『よう菊三郎う』と、何いずれも手を拍つて-・く/火の柱 尚江

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんざ‐め・く

[動カ五(四)]《「さざめく」の音変化。「ざんざめく」とも》ひどく浮き浮きと騒ぎ立てる。にぎやかに騒ぐ。「弦歌―・く巷(ちまた)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さんざめくの関連情報