騒く(読み)ゾメク

デジタル大辞泉の解説

ぞめ・く【騒く】

[動カ五(四)]《古くは「そめく」》
浮かれさわぐ。
「茂作は―・くようにいいながら」〈万太郎露芝
遊郭や夜店などを、ぞろぞろさわぎながら歩く。また、ひやかして歩く。
「いざ町でも―・いて来(こ)まそ」〈風葉亀甲鶴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞめく【騒く】

( 動四 )
〔古くは「そめく」と清音〕
うかれさわぐ。 「人は佳節とて-・けども/三体詩絶句鈔 5
遊郭や夜店をひやかしながら歩く。 「どれ、-・いて来うか/歌舞伎・韓人漢文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騒くの関連情報