騒く(読み)ゾメク

デジタル大辞泉の解説

ぞめ・く【騒く】

[動カ五(四)]《古くは「そめく」》
浮かれさわぐ。
「茂作は―・くようにいいながら」〈万太郎露芝
遊郭や夜店などを、ぞろぞろさわぎながら歩く。また、ひやかして歩く。
「いざ町でも―・いて来(こ)まそ」〈風葉亀甲鶴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞめく【騒く】

( 動四 )
〔古くは「そめく」と清音〕
うかれさわぐ。 「人は佳節とて-・けども/三体詩絶句鈔 5
遊郭や夜店をひやかしながら歩く。 「どれ、-・いて来うか/歌舞伎・韓人漢文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android