ざわざわ(読み)ザワザワ

デジタル大辞泉の解説

ざわ‐ざわ

[副](スル)
大ぜい集まった人々の話し声などが醸し出す、騒がしい音を表す語。また、そういう人々の、騒がしく落ち着かないさま。「ざわざわ(と)した会場」
木の葉などが触れ合う音を表す語。「木々がざわざわ(と)音をたてる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざわ‐ざわ

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 声や音がさわがしく聞えるさま、大勢がさわぎ動くさまを表わす語。
※碧巖雷沢抄(1533)一「此でざわざわと云へば、十万里の外の海にどうどひるがゑる也」
② そわそわと落ち着かないさまを表わす語。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「ざはざはと何んじゃの。有所(ありしょ)の知れた紙入明日(あす)なと取らんせ」
③ 病気の熱などで寒けがするさまや、気味が悪く鳥肌がたつようなさまを表わす語。ぞくぞく。
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉一「幸子は身体のずウと底の方からザワザワと寒気がしてきた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報