コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響く ドヨメク

デジタル大辞泉の解説

どよ‐め・く【響く】

[動カ五(四)]
音が鳴りひびく。とどろきひびく。「雷鳴が―・き渡る」
ざわざわと騒ぐ。「新記録に場内が―・く」
ゆれうごく。動揺する。「が―・く」

ひび・く【響く】

[動カ五(四)]
音・声があたりに広がり伝わる。「大砲の音が―・く」
反射して聞こえる。反響する。「こだまが―・く」
余韻が長く続く。「鐘の音が―・く」
振動が伝わる。「爆発の衝撃がガラス戸に―・く」
世間に広く知られる。「名声が世間に―・く」
心に通じる。また、感覚に訴える。「忠告も彼には―・かない」「胸に―・く一言」
他へ影響が及ぶ。「交通ストが通勤に―・く」「無理をするとからだに―・く」
ある意味をもって聞きとれる。「非難がましく―・く」
体形や肌着の輪郭が衣服の表面にあらわれる。「体の線が―・く」「アウターに―・かない下着

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひびく【響く】

( 動五[四] )
音が遠くまで達する。 「電車の音がかすかに-・いてくる」
ある場所で大きな音や声が発せられて、大きく聞こえる。 「突然、銃声が-・いた」 「笑い声が部屋中に-・く」
音や声が反響したり共振したりしてはっきりと聞こえる。 「よく-・く声」
余韻が長く続く。 「鐘の音が-・く」
振動が伝わる。 「地鳴りが-・いてくる」
名声などが世間に広く伝わる。とどろく。 「世界にその名が-・く」
悪い影響を与える。たたる。 「徹夜をすると明日の仕事に-・く」 「物価の上昇が家計に-・く」 「大事なところでのエラーが-・いた」
心に感銘を与える。心にしみる。 「胸に-・く言葉」 「心に-・く」
ある発言が、やや違った意味に聞こえる。 「金を要求しているように-・いたらしい」
とりざたする。騒ぐ。 「(遺骸ヲ)納め奉るにも世の中-・きて悲しと思はぬ人なし/源氏 薄雲」 〔「響かす」に対する自動詞〕
[慣用] 打てば-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

響くの関連キーワード旋律的音程 [melodic minor scale]和声的音程 [harmonic interval]楽音[musical sound]鈴を転がすよう甲走る・癇走るラ・カテドラルてんつくてん空谷の跫音不協和音程ブーミング冷たい女びんびん不協和音ずんずんジングルぴんぴん耳を擘くずしずしこつこつわんわん

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

響くの関連情報