コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒ぐ サワグ

2件 の用語解説(騒ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さわ・ぐ【騒ぐ】

[動ガ五(四)]《上代は「さわく」》

㋐やかましい声や音を立てる。「子供が―・ぐ」
㋑ざわざわと音を立てる。「白波が―・ぐ」
多くの人が一緒になって反対したり、要求・不平を訴えて叫んだりして、不穏な事態が起きる。騒動になる。「判定をめぐって観衆が―・ぐ」
酒宴などでにぎやかに遊ぶ。「芸者をあげて―・ぐ」
落ち着きを失って冷静さに欠けた言動をみせる。あわてる。うろたえる。「今さら―・いでもどうしようもない」
不安や驚きなどのため気持ちが高ぶったり乱れたりする。「なんとなく胸が―・ぐ」「血が―・ぐ」
(多く「さわがれる」の形で)人々がさかんにもてはやす。評判にする。「環境問題が―・がれる」「マスコミが―・ぐ」「アイドルとして―・がれた俳優」
忙しく立ち働く。
「そを取ると―・く御民も家忘れ」〈・五〇〉
[可能]さわげる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さわぐ【騒ぐ】

( 動五[四] )
〔上代は「さわく」と清音。擬声語「さわ」の動詞化〕
うるさい声や音を立てる。 「子供たちが-・ぐ」 「夜遅くまで-・ぐので困る」 「鈴は絶えず-・ぎぬ/義血俠血 鏡花
多くの人が一斉に不平・不満を言い立てて不穏になる。 「観客が-・ぐ」
心が動揺する。
あわてふためく。 「問い詰められても少しも-・がず…」 「試験は明日だ。いまさら-・いでも始まらない」
気になって落ち着かない。神経が高ぶる。 「何だか胸が-・ぐ」 「九州男児の血が-・ぐ」
注目すべきものとして人々が盛んに取りざたする。 「女性に-・がれる」 「マスコミが-・ぐ」
多くの人が忙しく立ち働く。 「其を取ると-・く御民も家忘れ/万葉集 50
[可能] さわげる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

騒ぐの関連キーワード濯ぐ刮ぐ嫁ぐ矧ぐ燥ぐ跨ぐ捥ぐ結わく寿ぐ立騒ぐ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

騒ぐの関連情報