コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒ぐ(読み)サワグ

デジタル大辞泉の解説

さわ・ぐ【騒ぐ】

[動ガ五(四)]《上代は「さわく」》

㋐やかましい声や音を立てる。「子供が―・ぐ」
㋑ざわざわと音を立てる。「白波が―・ぐ」
多くの人が一緒になって反対したり、要求・不平を訴えて叫んだりして、不穏な事態が起きる。騒動になる。「判定をめぐって観衆が―・ぐ」
酒宴などでにぎやかに遊ぶ。「芸者をあげて―・ぐ」
落ち着きを失って冷静さに欠けた言動をみせる。あわてる。うろたえる。「今さら―・いでもどうしようもない」
不安や驚きなどのため気持ちが高ぶったり乱れたりする。「なんとなく胸が―・ぐ」「血が―・ぐ」
(多く「さわがれる」の形で)人々がさかんにもてはやす。評判にする。「環境問題が―・がれる」「マスコミが―・ぐ」「アイドルとして―・がれた俳優」
忙しく立ち働く。
「そを取ると―・く御民も家忘れ」〈・五〇〉
[可能]さわげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さわぐ【騒ぐ】

( 動五[四] )
〔上代は「さわく」と清音。擬声語「さわ」の動詞化〕
うるさい声や音を立てる。 「子供たちが-・ぐ」 「夜遅くまで-・ぐので困る」 「鈴は絶えず-・ぎぬ/義血俠血 鏡花
多くの人が一斉に不平・不満を言い立てて不穏になる。 「観客が-・ぐ」
心が動揺する。
あわてふためく。 「問い詰められても少しも-・がず…」 「試験は明日だ。いまさら-・いでも始まらない」
気になって落ち着かない。神経が高ぶる。 「何だか胸が-・ぐ」 「九州男児の血が-・ぐ」
注目すべきものとして人々が盛んに取りざたする。 「女性に-・がれる」 「マスコミが-・ぐ」
多くの人が忙しく立ち働く。 「其を取ると-・く御民も家忘れ/万葉集 50
[可能] さわげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

騒ぐの関連情報