しとう

  • しとう ‥タウ
  • 支・枝

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「」はささえるの意) ささえもつこと。また、ささえとなるもの。支持。維持。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・九日有懐東都旧遊「過眼雲烟難斂束、推人歳序強支」 〔杜甫‐自京赴奉先県詠懐詩〕
〘名〙 黒砂糖をいう。
※和漢三才図会(1712)九〇「紫蔗汁成。稀者為、乾者為

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しとうの関連情報