コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


律令制で,寮,職とともに省に属した役所織部司造酒司などで,寮より小規模であった。明治の太政官制でも,海軍省造兵司,武庫司がおかれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し【司】

律令制で、に属し、の次に位した役所。主膳司(しゅぜんし)・主水司(しゅすいし)など。
明治初年、官省に属し、局・寮の次に位した役所。用度司・出納司など。

し【司】[漢字項目]

[音](呉)(漢) ス(唐) [訓]つかさどる つかさ
学習漢字]4年
役目を受け持ちとりしきる。つかさどる。「司会司書司令
役目を受け持つ人。「行司(ぎょうじ)宮司(ぐうじ)国司上司保護司
役所。「写経司
[名のり]おさむ・かず・つとむ・もと・もり
[難読]下司(げす)公司(コンス)殿司(でんす)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

し【司】

律令制で、省に属し、職・寮に次ぐ役所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


律令(りつりょう)官制において、寮の下に格づけされる官司。令制の司としては中務省(なかつかさしょう)管下の画工司、内薬司、内礼司をはじめ、治部(じぶ)、兵部(ひょうぶ)、刑部(ぎょうぶ)、大蔵(おおくら)、宮内(くない)各省管下の諸司、衛門府(えもんふ)管下の隼人(はやと)司、左・右京職管下の東・西市司、大宰府(だざいふ)管下の防人(さきもり)司がある。いずれも長官(かみ)を正、判官(じょう)を佑、主典(さかん)を大・少令史または令史とし、次官(すけ)を欠く。官位令によると、これらの司の正の官位相当は、正(しょう)六位上(正親(おおきみ)司など)、正六位下(土工司など)、従(じゅ)六位上(主水(もひとり)司など)、従六位下(主鷹(しゅよう)司)、正七位上(防人司)に分けられるが、主典を大・少令史とする正親司などと令史とする内膳(ないぜん)司などを分ければ、令制の司は6等級に分類される。このほか後宮に内侍(ないじ)司以下の十二司があり、たとえば内侍司には尚侍(しょうじ)2人、典侍(てんじ)4人、掌侍(しょうじ)4人の女官が所属するが、これら女官には官位相当がない。令外(りょうげ)の官としての司には、造平城京司、造難波(なにわ)宮司、造薬師寺司、造大安寺司、造東大寺司、鋳銭司(じゅせんし)、斎院司などがあるが、これらの司の四等官は長官、次官、判官、主典と称し、官位相当も高いので、令制の司とは異質である。[柳雄太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

司の関連キーワードぼうさまになったからす水取司・主水司野々宮きく子按司(あじ)京官の除目神司・神官世あすたべ内官の除目後宮十二司WACS宍戸家俊囚獄司内染司典鋳司院の司内薬司鼓吹司内膳司主典雪隠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司の関連情報