しゃらしゃら(読み)シャラシャラ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
布などがすれ合う音を表す語。
「甲斐絹裏の―する羽織をとって」〈左千夫・春の潮〉
鈴や鎖などが触れ合う音を表す語。
「―シャンシャン鈴つけたお馬にゆられて」〈雨情・雨降りお月さん〉
雪駄などの履物で歩くときの音を表す語。
「雪駄の音の―と」〈浄・寿の門松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
薄くて軽い物などがすれ合う音を表す語。
雪駄せつたの足音などの軽い音を表す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 雪踏(せった)などをはいて歩く足音などを表わす語。また、気取って歩くさまを表わす語。しゃらり。しゃらりしゃらり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・信徳十百韻(1675)「やり羽子に返すや箔のすり衣 雪踏しゃらしゃら春ぞ来にける」
② 布などの、しなやかでうすく軽いもののすれ合うさまを表わす語。
※春の潮(1908)〈伊藤左千夫〉一一「甲斐絹裏のしゃらしゃらする羽織をとって、省作に着せる」
や細い鉄鎖などの触れ合って鳴る音を表わす語。
※童謡・雨降りお月さん(1925)〈野口雨情〉「シャラ シャラ シャン シャン 鈴つけた」
※今年竹(1919‐27)〈里見弴出来心「シャラシャラと時計の鎖を鳴らしてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android