コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出来心 デキゴコロ

デジタル大辞泉の解説

でき‐ごころ【出来心】

計画的でなく、その場で急に起こったよくない考え。「出来心でした盗み」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

出来心

古典落語の演目のひとつ。「花色木綿」「盗人出来心」とも。八代目春風亭柳枝が得意とした。オチは仕込みオチ。主な登場人物は、泥棒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

できごころ【出来心】

落語。別名《花色木綿(はないろもめん)》《盗人出来心(ぬすびとできごころ)》。原話は《江戸前噺鰻(はなしうなぎ)》(1808)所収の〈ぬす人〉。八五郎の家へ空巣(あきす)ねらいがはいったが,貧乏で何も盗む物がない。そのうちに八五郎が帰ったので縁の下へ隠れた。足跡を見た八五郎は泥棒と知り,たまっている家賃の言い訳にしようと大家を呼ぶ。大家が盗品届をするからと盗まれた品物を聞くので,苦しまぎれに夜具一組と答え柄は表が唐草,裏が花色木綿と言う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

できごころ【出来心】

その場で急に起こった悪心。もののはずみで生じたよくない考え。 「ほんの-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出来心の関連キーワード切り取り・切取り・斬り取り・斬取り柳家 小団治橘家 三蔵落語の演題古典落語永峰奈々魔が差す出来分別男の敵移り気万引悪心

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出来心の関連情報