しょんしょん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しょんしょん
しょんしょん

福岡県の郷土料理。古くからあり、とくに柳川(やながわ)地方に多くみられるが、しょんしょんの語源は明らかでない。大豆10、麦12、塩4の割合で材料を用意する。大豆は炒(い)ってから二つ割りにする。麦は前夜から水に浸しておく。麦と大豆をいっしょに蒸し、塩を加え水を適宜加えるが、その分量は経験による一定の基準があるという。これを器に入れて3週間放置しておくと、発酵菌により独特の香りと味が出てくる。なめみそ状のもので、熱いご飯に添えて食べるが、弁当のおかずに用いることもある。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android