じゃぶじゃぶ

精選版 日本国語大辞典「じゃぶじゃぶ」の解説

じゃぶ‐じゃぶ

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 勢いよく水をかきまわしたり、すすいだり、また、水中を歩いたりするときの音や様子を表わす語。ざぶざぶ。じゃぼじゃぼ。
※指輪の罰(1902)〈国木田独歩〉三「ヂャブヂャブと入り川上の方へと歩みぬ」
② しょうゆやソースなどをたっぷりかける様子を表わす語。
※父の詫び状(1978)〈向田邦子〉昔カレー「ソースをジャブジャブかけながら」
③ 口の中で唱えものなどをするときの音の様子を表わす語。むにゃむにゃ。
滑稽本・大千世界楽屋探(1817)中「お経の文句が間違ても、じゃぶじゃぶですましておけど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「じゃぶじゃぶ」の解説

じゃぶ‐じゃぶ

[副]
水をかき回したり、水につかって歩いたりするときの音や、そのさまを表す語。ざぶざぶ。「じゃぶじゃぶ(と)洗濯する」「浅瀬じゃぶじゃぶ(と)渡る」
勢いよくかけるさま。また、その音を表す語。「ソースをじゃぶじゃぶ(と)かける」
金銭が大量に動くさま。「株でじゃぶじゃぶ(と)もうける」「税金をじゃぶじゃぶ(と)投入する」
[類語]ざんぶざぶんどぶんざぶざぶざぶりどぼんどんぶりどんぶりこぼちゃぼちゃぽちゃぽちゃぼちゃんぽちゃんがばがばごぼごぼざあざあじゃあじゃあどうどう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android