どうどう(読み)ドウドウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐どう[副]

[副]
大量の水が激しく流れる音を表す語。「どうどうと落ちる滝」
波が激しく打ち寄せる音や、風が激しく吹きつける音を表す語。「どうどうと森を吹きぬける風」
床板などを踏み鳴らす音を表す語。どんどん。
「縁の板踏みならし、西へ向きて―と行きける」〈義経記・四〉

どう‐どう[感]

[感]馬・牛を御するとき、とくに、制止するときのかけ声。「はいしどうどう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうどう

( 副 )
(多く「と」を伴って)
水が激しく流れる音、滝などの流れ落ちる音を表す語。 「 -と流れ落ちる滝」
波が強く打ち寄せる音を表す語。 「 -と逆巻く波」

どうどう

( 感 )
牛馬を御するときのかけ声。 「はいし-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐どう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 板敷などを足音高く踏みならす音を表わす語。
※義経記(室町中か)四「縁の板ふみならし、西へ向きてどうどうと行きける」
※浄瑠璃・大職冠(1711頃)一「殿上の小板敷どうどうと聞こゆれば、すはや入鹿が足音」
② 水が勢いよく流れおちる音、がはげしく打ちよせる音、風がはげしく吹く音などを表わす語。どうどっと。どうど。
※雲形本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「どうどうと鳴るは、松風の音か、但波の音か」
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉二三「ドウドウと云ふ車軸を流すやうな大雨」
③ 鼓や太鼓などが高く鳴る音を表わす語。
※幸若・景清(室町末‐近世初)下「法性寺の八つの太鼓を、どふどふと打たりけり」

どう‐どう

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どうどうの関連情報