どうどう(読み)ドウドウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐どう[副]

[副]
大量の水が激しく流れる音を表す語。「どうどうと落ちる滝」
波が激しく打ち寄せる音や、風が激しく吹きつける音を表す語。「どうどうと森を吹きぬける風」
床板などを踏み鳴らす音を表す語。どんどん。
「縁の板踏みならし、西へ向きて―と行きける」〈義経記・四〉

どう‐どう[感]

[感]馬・牛を御するとき、とくに、制止するときのかけ声。「はいしどうどう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうどう

( 副 )
(多く「と」を伴って)
水が激しく流れる音、滝などの流れ落ちる音を表す語。 「 -と流れ落ちる滝」
波が強く打ち寄せる音を表す語。 「 -と逆巻く波」

どうどう

( 感 )
牛馬を御するときのかけ声。 「はいし-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どうどうの関連情報