コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どうどう ドウドウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐どう[副]

[副]
大量の水が激しく流れる音を表す語。「どうどうと落ちる滝」
波が激しく打ち寄せる音や、風が激しく吹きつける音を表す語。「どうどうと森を吹きぬける風」
床板などを踏み鳴らす音を表す語。どんどん。
「縁の板踏みならし、西へ向きて―と行きける」〈義経記・四〉

どう‐どう[感]

[感]馬・牛を御するとき、とくに、制止するときのかけ声。「はいしどうどう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうどう

( 副 )
(多く「と」を伴って)
水が激しく流れる音、滝などの流れ落ちる音を表す語。 「 -と流れ落ちる滝」
波が強く打ち寄せる音を表す語。 「 -と逆巻く波」

どうどう

( 感 )
牛馬を御するときのかけ声。 「はいし-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どうどうの関連キーワード姓名/日本のおもな姓氏茶道(ちゃどう)おもな四字熟語とうとうたらり岡山県津山市マンホール田原(市)上田武治郎国定忠治縄文文化タリ活用おこづく山本勘介元弘の変大崎氏富山県橘逸勢小牛田陳文述帝釈峡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どうどうの関連情報