コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゃっきり節 チャッキリブシ

デジタル大辞泉の解説

ちゃっきり‐ぶし【ちゃっきり節】

静岡県の新民謡。昭和2年(1927)静岡電鉄が茶やミカンの買い付けに集まる顧客へのサービスのために作ったもの。作詞は北原白秋、作曲は町田佳声

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ちゃっきり節【ちゃっきりぶし】

北原白秋作詞,町田嘉章(佳声)作曲の新民謡。ある電鉄会社の依頼で1927年に作られたが,茶つみで知られる静岡県の民謡として歌われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ちゃっきり節

日本の歌の題名。作詞:北原白秋、作曲:町田嘉章(佳声)。1927年発表。静岡鉄道が開園した遊園地のコマーシャルソングとして作られたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃっきりぶし【ちゃっきり節】

静岡県の新民謡で、静岡市の花柳界のお座敷唄。1927年(昭和2)静岡電鉄経営の狐ヶ崎遊園の唄として作られた。作詞は北原白秋、作曲は町田佳声。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちゃっきり節の関連キーワード日活(株)富士に立つ影南京国民政府芥川竜之介ウィルソン黒沢準ケスラードロッパーズナウマンバルツァー

ちゃっきり節の関連情報