町田佳声(読み)まちだ かしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「町田佳声」の解説

町田佳声 まちだ-かしょう

1888-1981 大正-昭和時代の邦楽研究家,作曲家。
明治21年6月8日生まれ。中外商業新報(現日本経済新聞)記者から,大正14年東京放送局(NHKの前身)にうつり邦楽番組を担当。民謡を現地採録して,「日本民謡大観」をあらわし,昭和27年芸術選奨,56年吉川英治文化賞。「ちゃっきり節」などの新民謡や歌謡曲の作曲でも知られる。東洋音楽学会会長。昭和56年9月19日死去。93歳。群馬県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は嘉章(よしあき)。筆名ははじめ博三,白象。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「町田佳声」の解説

まちだ‐かしょう〔‐カシヤウ〕【町田佳声】

[1888~1981]邦楽・民謡研究家。群馬の生まれ。本名、嘉章(よしあき)。全国の民謡を録音・採集し、楽譜化した「日本民謡大観」を編纂(へんさん)。また、「ちゃっきり節」ほかを作曲した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android