ちゃんぷるー

日本大百科全書(ニッポニカ)「ちゃんぷるー」の解説

ちゃんぷるー

沖縄の料理。ちゃんぷるーとは、豆腐が主体になった炒(いた)め物をいう。献立の種類は数多く、タマナー(キャベツ)と豆腐を炒め煮したたまなーちゃんぷるー、ゴーヤー(ニガウリ)を使ったごーやーちゃんぷるー、マーミナ(もやし)を使ったまーみなちゃんぷるーなど、入れる野菜の名をとって料理名がつけられる。とくに、沖縄の豆腐は木綿豆腐で、味も形も絹漉(ご)し豆腐よりはるかに優れ、沖縄の代表的な家庭料理となっている。

[渡口初美]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のちゃんぷるーの言及

【琉球料理】より

…〈みみがあさしみ(耳皮刺身)〉は,ほとんど軟骨であるブタの耳をせん切りにし,キュウリ,もやしなどとピーナッツ酢であえる。〈ちゃんぷるー〉は各家庭で1日1回はこしらえるというほどの料理で,味のある沖縄豆腐を主材料に,季節の野菜を組み合わせ,油でいため塩で味をととのえる。とり合わせる野菜によって〈○○ちゃんぷるー〉と呼ぶ。…

※「ちゃんぷるー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android