てば(読み)テバ

デジタル大辞泉の解説

てば[係助・終助]

《「とい(言)えば」の音変化》
[係助]名詞、名詞的な語に付く。
相手の言葉を改めて話題として示す意を表す。…といえば。「ミカンか、ミカンてば紀州物がいいな」
話題としてある人を提示し、意外であったり、非難したりする意を表す。…たら。…ったら。…て。「彼ってば案外親切なのよ」
[終助]名詞、活用語の終止形・命令形、助詞などに付く。自分の気持ちがわかってもらえないじれったさを込めて、相手に訴える気持ちを表す。「早くしてってば
[補説]ともうちとけた対話にだけ用いられ、「ん」以外で終わる語句に付く場合は「ってば」となる。

て‐ば[連語]

[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+接続助詞「ば」》…たならば。
「わが齢(よはひ)君が八千代にとりそへてとどめおき―思ひいでにせよ」〈古今・賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てば

〔「と言えば」の転。話し言葉でのくだけた言い方に用いられる。「ん」で終わる語に付く場合以外は、すべて「ってば」の形をとる〕
( 係助 )
体言または体言に準ずるものに接続する。親しみや非難の気持ちをこめて、話題として提示するのに用いる。…たら。 「兄さん-、私をぶつのよ」 「中村さん-、あの人ぐらいめんどうみのいい人はいないね」
( 終助 )
文末にあって種々の語に付く。じれったい気持ちをこめて、呼びかけるのに用いる。 「お母さん、はやくっ-」 「はやく来ないと、行列が過ぎちゃうっ-」

てば

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の未然形「て」に接続助詞「ば」の付いたもの〕
「…たならば」「…ているならば」の意を表す。 「わがよはひ君が八千代にとりそへてとどめおき-思ひいでにせよ/古今

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ば

[1] (完了の助動詞「つ」の未然形「て」に接続助詞「ば」の付いたもの) …たならば。
※万葉(8C後)一四・三四〇〇「信濃なる千曲の川の小石も君し踏み弖婆(テバ)玉と拾はむ」
[2] (「と言えば」の変化したもの。→格助詞「て」②)
① 「…のに」のを表わす。
雑俳・軽口頓作(1709)「にくい事・やすいかもじゃとおもたてば」
② ⇒ってば

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てばの関連情報