コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とかや トカヤ

デジタル大辞泉の解説

と‐か‐や

[連語]《格助詞「」+係助詞」+間投助詞「」》
他から伝え聞くなど、不確かであることを表す。
㋐文中用法。…とかいう物・事・人・所の意を表す。
「一言芳談―名づけたる草子を見侍りしに」〈徒然・九八〉
㋑文末用法。…とかいうことだ。
「近き世にぼろんじ、梵字、漢字など云ひける者、その始めなりける―」〈徒然・一一五〉
断定を避け、詠嘆の意を添える。
「逆縁(=通リスガリノ縁)ながら弔(と)ふ―」〈謡・笠卒都婆〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とかや

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「か」が付き、それに間投助詞「や」が付いたもの〕
文中または文末にあって、不確かな伝聞を表す。 「例のひとりごち給ふ-/源氏 蜻蛉」 「資季大納言入道-聞えける人/徒然 135
文中にあって、…とかいう人・物・所・事などの意を表す。 「人ごとに湊河-の下にて討たれしとはいへども/平家 9」 「なにがしの大納言-は、数ならぬ身はえ聞き候はずと答へられけり/徒然 107
文末にあって、断定を避け、軽い詠嘆の気持ちを添える。 「天の羽衣風に和し、雨に潤ふ花の袖、一曲を奏かなで、舞ふ-/謡曲・羽衣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とかやの関連キーワードカップ麺・カップ麵・カップ麪一寸延びれば尋延びる動転・動顛・動顚兎兵法・兔兵法常世の木の実蛇穴を出ず先ず先ず乗り具す都上り際は際仕り人野の宮柴垣踊変り目侏儒舞許し物公の私自然連語法住

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android