コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とっと トット

デジタル大辞泉の解説

とっと[名]

魚・鶏・鳥などをいう幼児語とと

とっ‐と[副]

[副]
時間・場所などのはるかにへだたっているさま。ずっと。
「―前から藤袴と契約ありと申さば」〈浄・反魂香
状態や程度を強調する意を表す。まったく。まことに。
「―不弁な人でござったが」〈咄・鹿の巻筆・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とっと

〔幼児語〕
魚・鶏などのこと。とと。

とっと

( 副 )
物事の程度がはなはだしいさま。本当に。一段と。 「ココワ-面白イ所デゴザル程ニ/天草本平家 4
距離的または時間的にはなはだしく離れているさま。ずっと。はるか。 「時に親方と肌を合はせ、手形の日付けを-跡の月にして/浄瑠璃・反魂香」
もう。すでに。 「 -ござりました。御前でござりまする/狂言記・福渡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

とっとの関連キーワードとっとこハム太郎 でちゅ鳥取県鳥取市福部町湯山鳥取県西伯郡南部町鶴田鳥取県鳥取市賀露町西掻い繰り・搔い繰りスーパーおっとっとミニハムずの愛の唄タイショーくんマフラーちゃんトラハムちゃんちび丸ちゃんトラハムくん肌を合わせるリボンちゃんトンガリくんかぶるくんのっぽくんロコちゃんねてるくんめがねくん

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とっとの関連情報