とっと

精選版 日本国語大辞典「とっと」の解説

とっ‐と

〘副〙
① 距離的にまたは時間的にはなはだしく離れているさまを表わす語。はるか。ずっと。
※巨海代抄(1586‐99)上「是はとっとの老者などのなりだ。とっと老倒すれば常が病者などの様にうっととするものだ」
② 物事の程度が、比較してはなはだしいさまを表わす語。ずっと。一段と。
※両足院本山谷抄(1500頃)一二「其田を耕せば耒をとっと深くほれぞ」
③ 状態や程度をそれと認めながら強調する気持を表わす語。まったく。まことに。まるで。とと。
※仮草子・都風俗鑑(1681)二「むらさきたびをはく者はとっと気のとをらぬ御かたなり」
④ 急に勢いよく動くさまを表わす語。
※両足院本山谷抄(1500頃)一二「を勒と云時は馬のとっとかけづるをしっと引てとむる心ぞ」

とっと

〘名〙 などをいう幼児語。とと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「とっと」の解説

とっ‐と[副]

[副]
時間・場所などのはるかにへだたっているさま。ずっと。
「―前から藤袴と契約ありと申さば」〈浄・反魂香
状態や程度を強調する意を表す。まったく。まことに。
「―不弁な人でござったが」〈鹿の巻筆・二〉

とっと[名]

魚・鶏・鳥などをいう幼児語。とと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android